プロフィール・実績

政治を志したきっかけ
沖縄を明るく!!
座右の銘
泰然自若
すきな言葉
いつも喜んでいなさい。
趣味・特技
つり
好きなこと
夜空を見上げるのが好き
血液型 / 星座
O型 / うお座
動物占
とら
得意な料理
特製カレーライス
有権者の皆様へのメッセージ

あなたの声に応えながら、あい子はきちんと働きます。

この沖縄で4人の子どもに恵まれ、いまも子育ての真っ最中。
妻として、母として、働く女性としての“台所感覚”が、
私の政治の基本です。
生活者として,特に子育て世代のみなさんの思いを
精一杯代弁していきたいと思います。
沖縄から日本全国へ、
もっと住みよい暮らしづくりへ、
大きく声をあげていくために。
どうか、皆さんのお力をおかしください。
アイ・ラブ沖縄!島尻あい子後援会にご入会ください。

2期9年の島尻の実績 〔沖縄担当大臣として〕
  • 厳しい財政事情の下、総額2,350億円(前年度比10億円増額)の沖縄振興予算を獲得
  • 沖縄の子どもの貧困に緊急に対応するための予算10億円を新たに計上
  • 那覇空港第2滑走路、当初7年の工期を5年10ヶ月へ大幅に短縮。共同企業体の出資率を県内25%に引上げ、地元企業への受注機会を拡大
  • 拠点返還地跡地利用推進のための交付金10億円を新たに創設
  • 北部振興事業を着実に実施するとともに、大型観光拠点推進調査費も新たに計上
〔科学技術政策担当大臣として〕
  • 日本の研究開発力を強化するため、
    特定国立研究開発法人を創設するなどの特別措置法を成立
〔参議院議員として〕
  • 『沖振法』と『跡地法』の抜本改正に尽力するとともに、平成33年度までの一括交付金を含む毎年3,000億円台の沖縄振興予算を確保
  • MESHサポート(民間運営のドクターヘリ)への支援を実現
  • 黒糖表示の適正化・厳格化を図り、県内の過剰在庫を解消
  • 自民党内に「美ら島議連」と「沖縄の基地負担軽減をみんなで考える有志の会」を設立
  • 消費者庁設置に向けた関連法や『消費者教育推進法』の成立に奔走

出生~学生時代

昭和40年(1965年) 宮城県仙台市に生まれる(3月4日)
昭和55年(1980年) 私立聖ウルスラ学院高等学校入学
同校在学中米国カリフォルニア州ハンティングトンビーチハイスクール留学
昭和63年(1988年) 上智大学文学部新聞学科卒業

母として

平成元年(1989年) 昇さんと結婚
現在は3男1女、4人の母親
平成2年(1990年) 長男誕生!
平成4年(1992年) 次男誕生!
平成6年(1994年) 三男誕生!
平成12年(2000年) 長女誕生!
3男1女、4人の母親に!!

政治家として

平成16年(2004年) 那覇市議会議員補欠選挙で初当選
平成17年(2005年) 那覇市議会議員2期目当選
平成19年(2007年) 参議院議員沖縄選挙区補欠選挙にて初当選
(無所属=自民、公明推薦)
党女性局次長
党消費者問題調査会幹事
平成20年(2008年) 党消費者問題調査会消費者教育に関するWT座長
平成21年(2009年) 党国防・農林・環境各副部会長
党たばこ特別委員会副委員長
党離島振興委員会副委員長
平成22年(2010年) 参議院議員通常選挙沖縄選挙区2期目当選
党沖縄振興に関する特別委員会事務局長
平成24年(2012年) 自民党女性局長就任
党美ら島議員連盟事務局長
内閣府大臣政務官及び復興大臣政務官就任
平成25年(2013年) 党外交部会長代理
平成26年(2014年) 参議院環境委員長就任
党沖振興調査会西普天間基地跡地振興に関するWT座長
党中小企業・小規模事業者政策調査会副会長
党観光立国調査会副会長
党治安・テロ対策調査会副会長
平成27年(2015年) 自由民主党沖縄県支部連合会 会長就任
党沖縄県支部連合会会長
党沖振興調査会西普天間基地跡地における国際医療拠点化等推進小委員長代理
党沖縄の基地負担軽減をみんなで考える有志の会代表
内閣府 特命担当大臣 就任

沖縄及び北方対策、科学技術政策・宇宙政策、海洋政策・領土問題
情報通信技術(IT)政策、クールジャパン戦略、知的財産戦略